(大豆)イソフラボンとは?効果や副作用の危険性について解説

大豆のイメージ

 

このページでは、大人気の除毛クリーム、ケナクス(KENAX)に含まれる超重要成分の(大豆)イソフラボンについて解説します。

 

(大豆)イソフラボンがなぜケナクス(KENAX)に配合されているのか?

 

といのがわかれば、ケナクス(KENAX)の魅力を再発見できるはずです。

 

ぜひ、最後まで読んでみてください。

 

イソフラボンとは?

疑問を持つ女性

 

イソフラボンってなんなんでしょうか?

 

食べ物や化粧品とかで、よく聞く成分名ですが、具体的にどのような特徴や効果があるのか?

 

知らない方も多いと思います。

 

ダイズイン(daidozin)とも呼ばれるイソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)に似た性質を持つ植物性ポリフェノールの一つです。

 

フィトエストロゲン(植物エストロゲン)とも呼ばれます。

 

英名では、isoflavoneです。

 

大豆に含まれていることから、大豆イソフラボンとも呼ばれます。

 

ここからは、大豆イソフラボンとして書いていきます。

 

大豆イソフラボンの効果は?

人差し指を立てる女性

 

では、そんなポリフェノールのひとつである、大豆イソフラボンとは具体的にどのような働きがあるのでしょうか?

 

女性ホルモンに似た働き

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きがあります。

 

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンと2種類あります。

 

プロゲステロンは、妊娠に関わる女性ホルモンで、今回取り上げている大豆イソフラボンの関与はありません。

 

大豆イソフラボンと働きが似ているのは、エストロゲン(卵巣ホルモン)の方です。

 

エストロゲンは、女性特有の丸みを帯びた体つき、美しい肌に導く効果が期待できます。

 

だからこそ。

 

ケナクス(KENAX)は大豆イソフラボンを配合することで、除毛後の肌荒れを防ぎ、より綺麗な肌に導いてくれる効果が期待できるんです。

 

エストロゲンの働きを抑える

大豆イソフラボンには、女性ホルモンと似た働きがある。

 

ということについてはここまでで書いてきましたね。

 

でも,反対に。

 

体内にエストロゲン(女性ホルモン)が過剰にあるときは、エストロゲンの働きを抑えるという抗女性ホルモンとしての働きも兼ね備えています。

 

本当に、女性に優しい、女性向けであるかのような成分。それが大豆イソフラボンなんです。

 

大豆イソフラボンの副作用の危険性は?

心配する女性

 

では、そんな女性に嬉しい効果を含む大豆イソフラボンには副作用の危険性はないのでしょうか?

 

大豆イソフラボンは、適正かつ適量の使用であれば安全です。

 

なので、大豆イソフラボンによる副作用の危険性は意識せず、ケナクス(KENAX)を使っていただいて大丈夫です。

 

ただし、どの成分にもある程度同じことがいえますが、やはり過剰摂取は、何らかの副作用を起こす可能性があるので注意が必要です。

 

大豆イソフラボンのまとめ

OKサインをする女性

 

大豆イソフラボンの特徴や効果、副作用についてのデータを書いていきました。

 

これを見るだけでも、大豆イソフラボンがケナクス(KENAX)においていかに重要な成分であるかということがわかると思います。

 

今回の内容を簡潔にまとめてみたいと思います。

 

  • イソフラボンは大豆に多く含まれる成分
  • 女性ホルモンと似た働きを有する
  • 女性ホルモンは女性らしい体つきの形成、肌を美しくする働きがある
  • 女性ホルモンの過剰な働きを抑える
  • 適量の摂取であれば副作用の危険性はほとんどない

 

これらの効果があるからこそ、ケナクス(KENAX)を使った人の中かから、肌が綺麗になったという喜びの声があがっているんです。

 

ケナクス(KENAX)の詳細はこちらのトップページでも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

【効果なし?】ケナクス(KENAX)を使ってみた口コミ!